yamamoWorks

.NET技術を中心に気まぐれに更新していきます

Windows10でRemoteAppを有効化

あまり流行ってない感がありますが、リモートデスクトップで接続した先のアプリのウィンドウだけ表示するRemoteAppという機能がWindowsファミリーにあります。 通常は会社等でシン・クライアントやセキュリティ対策、アプリケーションの互換性対策として、リ…

ASP.NET Core Web APIでSnake Caseに対応する - ApiExplorer編【追加対応】

ApiExplorer編でSwagger対応が完成したかと思いましたが、パラメータのDescriptionが抜けている状態でした。 /// <summary> /// ユーザ情報取得 /// </summary> /// <param name="userId">ユーザID</param> /// <param name="hideAge">年齢非表示</param> /// <returns></returns> [HttpGet("{userId}")] public ActionResult<User> Get(string userId, bool hideAge) </user>…

ASP.NET Core Web APIでSnake Caseに対応する - ApiExplorer編

おさらい ASP.NET Core Web APIでSnake Caseに対応する - Body編 - yamamoWorks ASP.NET Core Web APIでSnake Caseに対応する - Query編 - yamamoWorks Body編、Query編でモデルクラスやアクションメソッドの引数を変えることなくレスポンスJsonやURLクエリ…

ASP.NET Core Web APIでSnake Caseに対応する - Swagger編

前回でアクションメソッドの引数の変数名はそのままに、クエリパラメータを「snake_case」でリクエストして動作させる事はできました。 昨今ではAPIを作ったらSwaggerで仕様を公開する場面が多いでしょう。 ASP.NET Core Web APIではSwashbuckleを使って簡単…

ASP.NET Core Web APIでSnake Caseに対応する - Query編

前回はレスポンスBodyのJsonに「snake_case」を適応しました。 今回はアクションメソッドの引数の変数名はそのままに、クエリパラメータを「snake_case」でリクエストして動作させるのがゴールです。 おさらい 名称 例 Upper Camel Case (Pascal Case) First…